社長メッセージ

                         ご挨拶

 AGCプライブリコは1954年に日本で初めて不定形耐火物の生産を開始して以来、不定形耐火物の専業メーカーとして発展してきました。
 並行して耐火物設計(Engineering)、不定形耐火物製造(Production)、各種資材調達(Procurement)、耐火物施工(Construction)の各機能を強化して、それらの頭文字をとった“EPPC”の総合力でお客様の課題解決に貢献してまいりました。
 わたしたちは、近江商人が掲げる三方よし”(買い手よし、世間よし、売り手よし)の精神を大切にします。常にお客様の視点に立ち、真のニーズにお応えできるよう日々精進し、お客様価値の最大化を目指すとともに、社会に貢献し、同時に社員が成長し誇りをもてる会社となりたいと思っています。
そして、未来にわたり、三方よし”であるために、わたしたちは持続的に成長しなければなりません。
 そのために、わたしたちは、外部環境の変化に迅速かつ柔軟に対応するとともに、社員全員がエクセレントな仕事クオリティ”を継続させ、今まで培ってきたAGCプライブリコの強みである不定形耐火物の開発力とEPPC総合力にさらに磨きをかけてまいります。
新たな価値を創造する挑戦を続けてまいり、お客様にご満足いただくだけでなく、感動していただけるような製品・サービスの提供を目指します。
 今後のAGCプライブリコにどうぞご期待ください。

   
                                       

                                                   平成30年5月

                                           AGCプライブリコ株式会社
                                         代表取締役社長 石橋 基彦




 



ページトップへ▲